慶田研究室ニュース

【文化人類学会】第76回神戸人類学研究会開催のお知らせ

日本文化人類学会経由で神戸大学大学院国際文化学研究科文化人類学コース

鈴木亜望さんからのお知らせです。


 
来たる11月10日に第76回神戸人類学研究会を下記の通り開催いたします。
事前申し込みは不要です。
多くの方のご参加をお待ちしております。
 
-記-
 
第76回神戸人類学研究会
【日時】 2017年11月10日(金)17:00~18:30(16:30開場)

【場所】 神戸大学大学院国際文化学研究科 鶴甲第一キャンパス E棟4階 学術交流ルーム(E410)

【交通アクセス】
 
会場はローカルマップの23番の建物です。
 
【プログラム】
 
中田友子氏(神戸市外国語大学)「ラオスの民族間関係の歴史的形成について―「ゾミア」からの考察(仮題)」
 
【要旨】
東南アジア大陸部に関して、一般に有力民族、多数民族が住む低地と、少数民族が住む山地の間には政治的、経済的、また宗教的にも文化的にも大きな違いがあって、両者はそれぞれ異なる世界を形成していたという認識が広く長く共有されてきたが、ラオスについても例外ではない。しかし、フィールドワークを通して私が直に観察したのは、このような単純な対立関係とは異なるものであり、一言でいえば、両者の間のむしろ柔軟で親和的な関係だった。本発表では、J.スコットによる「ゾミア」論を参照しつつ、ラオスにおける山地民、主にモン・クメール系集団と平地民ラオとの間の民族間関係の形成の背景にあると思われる歴史的要因に焦点をあて考察する。
 
【備考】
・事前の参加予約は必要ありません。どなたでも自由に参加いただけます。
・参加費は無料です。
・研究会後に、懇親会を予定しております。
 
【問い合わせ先】
****************************************************************
神戸大学大学院国際文化学研究科 文化人類学コース
神戸人類学研究会幹事:木村彩音、鈴木亜望
問い合わせEmail(木村): ayanekimura1029☆gmail.com(@を☆に置き換えています)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュース一覧に戻る