慶田研究室ニュース

【日本文化人類学会】展覧会『プレザンス・アフリケーヌ展:超域的黒人文化運動をめぐるイメージの軌跡』開催のご案内

日本文化人類学会経由でのお知らせです。
詳細は以下の通りです。(高貝)

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では下記の要領で展覧会をおこないます。
 
 
お誘いあわせの上、ぜひお越しくださいませ。
 
△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△
 
   プレザンス・アフリケーヌ展:超域的黒人文化運動をめぐるイメージの軌跡
 
   開催日:2017年8月17日(木) - 2017年8月31日(木)
   開催時間:11:00 - 17:00(土日休場) 
   場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所資料展示室(1F)
   アクセス:http://www.tufs.ac.jp/access/
 
△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△
 
1947年のパリで公刊され、アフリカ・カリブの反植民地主義運動に影響を及ぼした黒人文化総合誌『プレザンス・アフリケーヌ』をめぐる、写真・絵画を中心とした資料展。2009年11月10日から2010年1月31日にかけてパリのケ・ブランリー美術館で開催された展覧会“Presence Africaine, une tribune, un mouvement, un reseau”をオリジナルとし、アフリカ各国を巡回してきた。アジアでは初開催。ピカソのデッサン(複製)を含む貴重なパネル25点から辿る超域的黒人文化運動の軌跡。
 
使用言語:日本語、フランス語
参加費:無料
事前申し込み:不要
参考:国際シンポジウム「『プレザンス・アフリケーヌ』研究――超域的黒人文化運動の歴史、記憶、現在」
 
共催:AA研共同利用・共同研究課題「『プレザンス・アフリケーヌ』研究――新たな政治=文化学のために」,
科研費基盤研究(B)「世界文化〈資本〉空間の史的編成をめぐる総合的研究:アフリカ・カリブの文学を中心に」(研究代表者:星埜守之(東京大学)、課題番号:17H02328),
挑戦的研究(萌芽)「人類学的手法を取り入れた黒人文化総合誌『プレザンス・アフリケーヌ』の複合的研究」(研究代表者:佐久間寛、課題番号:17K18480),
AA研基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究―人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」
 
 
△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼ △△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽
 
   Exhibition Presence Africaine:  “A Forum, a Movement, a Network”
 
   Date: Thu 17 - Thu 31 Aug 2017
   Time: 11:00 - 17:00 (Closed on weekends) 
   Venue: Exhibition Space, 1F, ILCAA  (Asahicho 3-11-1, Fuchu-shi, Tokyo, 183-8534)
   Access:http://www.tufs.ac.jp/english/access/
 
△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽▽▼△△▽
 
The exhibition concentrates on photographs and pictures related to the periodical on black culture, Presence Africaine, which was published in 1947 in Paris and had a significant influence on the anti-colonial movements in Africa and the Caribbean. It was originally exhibited at Musee du quai Branly in Paris from November 10, 2009 to January 31, 2010 as “Presence Africaine, une tribune, un mouvement, un reseau” and has been exhibited in some countries in Africa. This will be the first exhibition in Asian countries. We willtrace the path of trans-regional black culture movements through the collection, which constitutes 25 panels, including a sketch (reproduction) by Picasso.
 
Language: Japanese and French
Admission: Free
No pre-regisatration is needed.
Leaflet: http://www.aa.tufs.ac.jp/images/exhibition/aa_presenceafricaine2017_leaflet.pdf
 
Internationl Symposium, Présence Africaine: Towards New Political and Cultural Perspectives Identities, memories and resistances between Africa, Europe and the Americas from colonization to post-colony
http://www.aa.tufs.ac.jp/en/projects/jrp/jrp216
 
Jointly sponsored by ILCAA Joint Research Project “Presence Africaine: Towards New Political and Cultural Perspectives” ,
Grant-In-Aid for Scientific Research (B) (Principal Investigator:Moriyuki HOSHINO (The University of Tokyo) #17H02328), 
Grant-In-Aid for Challenging Exploratory Research (Principal Investigator: Yutaka SAKUMA (ILCAA) #17K18480) and
ILCAA Core resarch program “The potential value of indigenous knowledge in managing hazards in Asia and Africa: Anthropological explorations linking micro-macro perspectives 2”
 
 
 
上記の情報は現時点のものであり、今後、修正等が入る可能性があります。
最新情報は下記のURLよりご覧ください。

ニュース一覧に戻る