慶田研究室ニュース

【水俣・科研】水俣病に関する情報/科研A:水俣病事件の記憶術と(脱)アーカイヴ構築ー未来の人文社会科学的総合研究に向けて

熊本大学では水俣病に関する活動を精力的に行っています。今回はその活動についてのご紹介です。
◆現在、熊本大学附属図書館では熊本大学総合人間学科、地域科学コース牧野厚史先生が中心となって水俣病に関する資料の展示が行われています。
貴重な資料を分かりやすく展示しておりますので、ぜひ足を運んでください。展示は6月中旬までです。
 
image1.JPG image2 (1).JPG
熊本大学付属図書館の交通アクセス&キャンパスマップはコチラ
 
◆熊本大学では今年度より地域志向の教育を充実させるための肥後熊本学が展開されており、熊本日日新聞社、論説主幹の高峰武先生による「水俣病の社会史:水俣病を知っていますか」の講義が行われています。
熊大通信vol64.2017.Springにも記事が掲載されています。
http://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumatu/vol-64:「生命 水俣病の社会史:水俣病を知っていますか」は16頁に記載されています。)
kumadaituushin.jpg
 
◆慶田科研では水俣に関する資料が随時更新されておりますので、そちらもチェックしてみてください。水俣病関係資料は、熊本大学附属図書館HPより検索することができます。(http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/collections/minamata/
 
 
今後も、水俣病に関する活動が行われていきます。随時情報発信していきますので、お見逃しなく!(松永)
 

 
~水俣に関する過去リンク~
 
 

 

ニュース一覧に戻る