慶田研究室ニュース

【KAFS】熊本人類学映画会 第6回 1/17(Tue)17:30-, 6th Session: "NATURE AND ITS MANIFESTATIONS: FROM FOUR POEMS 自然と兆候/4つの詩から"

KAFS第6回セッションのお知らせです。一般公開、事前予約不要です。


日程: 2017.1.17(Tue) 17:30〜
場所: 熊本大学 グローバル教育カレッジ 1F

今回の上映作品は岩崎孝正監督”NATURE AND ITS MANIFESTATIONS: FROM FOUR POEMS 自然と兆候/4つの詩から”(岩崎孝正監督/ 日本、オーストリア/ 2015/ 日本語、韓国語、ドイツ語/ カラー/ DCP/ 50分)です。なんと!今回は監督ご本人とスカイプ中継を行い質問などさせていただく予定です。是非ご参加ください。

 

本作は「原発は安全である」という神話(イメージ)に抵抗できるイメージを詩によってつくる試みでもあります。監督の哲学的思考が映像としてどのように昇華されているのか、非常に楽しみです。

 

※English information is below.
※KAFS は文学部文化人類学/慶田研究室とグローバル教育カレッジ/ジョシュア・リカード先生とのコラボ企画です。


[作品紹介]

 

ANGEL FILM AWARDS 2016 Monaco International Film Festival
モナコ国際映画祭2016
Best Feature Documentary Cinematographer
長編ドキュメンタリー演出賞
The Humanitarian Angel Film Award Feature Documentary
長編ドキュメンタリー最優秀社会貢献賞
 

「自然と兆候/4つの詩から」は、一人のドキュメンタリー映画監督、二人の写真家を撮影したドキュメンタリー映画だ。 オーストリアの映画監督ニコラウス・ゲイハルター、韓国の写真家チョン・ジュハ、北海道の写真家露口啓二の三名を 撮影している。みな福島を舞台に撮影している。だが、共通の問題意識を持っているわけではない。同じ対象を撮りに 来たわけでもない。三者は問題意識は違えど、継続する作業として福島を選択している。 ニコラウス・ゲイハルターは人類の消えた世界「sometime」(改題「HOMO SAPIENS」)の撮影地として。チョン・ジュハ は原子力発電所を火に見立てた「不安ー火、中」、福島の被災地の風景を追う「奪われた野にも春は来るか」の次のテ ーマとして。露口啓二はとらえがたい自然の姿を写す「自然史」の一部として。また三者の撮影している合間に、朗読家 と作家が、福島、広島、東京で詩を朗読している。 

 

「自然と兆候/4つの詩から」ホームページ(http://natureanditsmanifestations.co
「自然と兆候/4つの詩から」ZINE無料ダウンロード(https://docs.com/user880495/8685


[Film's information]
This is a documentary film about a documentary filmmaker and two photographers: Austrian filmmaker Nikolaus Geyrhalter, Korean photographer Chung Chu-Ha and Keiji Tsuyuguchi, who is a photographer based in Hokkaido, Japan. All of them capture Fukushima in their work; but each one of them has his own approach and focus. Thus, although they have different awareness of the problems, they have chosen Fukushima as a common place to
work on. For Nikolaus Geyrhalter, Fukushima is the location his upcoming movie “Sometime” (renamed “HOMO SAPIENS”), a film showing the world after human beings have disappeared. For Chung Chu-Ha, Fukushima is the theme following  “A Pleasant Day,” a film in which nuclear power plants are likened to fire, and “Does Spring Come To Stolen Fields?” is a film focusing on scenes of disaster-struck areas in Fukushima. For Keiji Tsuyuguchi, Fukushima
is part of his “Natural History,” which he has had a hard time capturing. In addition, a narrator and artists recite poems in Fukushima, Hiroshima and Tokyo while Mr. Geyrhalter, Mr. Chung and Mr. Tsuyuguchi were being filmed.



チラシはこちらからDLできます。KAFS6.pdf
KAFS6.jpg

★予告編
https://www.youtube.com/watch?v=SDlxzTjebdc

 

これまでのKAFSの活動
★セッション第5回 お知らせ・報告
★セッション第4回 お知らせ報告
★セッション第3回 お知らせ報告
★セッション第2回 お知らせ報告
★セッション第1回 お知らせ報告
 
Kumamoto Anthropology Film Society (KAFS)
運営委員:慶田勝彦、ジョシュア・リカード、香室結美、田口由夏
ニュース一覧に戻る