慶田研究室ニュース

【KAFS】熊本人類学映画会 第5回 11/17(木)17:30-, 5th Session: "FireKeepers"&"Kids Got a Song to Sing"

第5回KAFS開催のお知らせです。一般公開・事前予約なしです。
今回は国立民族学博物館より映像人類学者の川瀬慈さん、ノルウェー北極大学より映像人類学者のラガッツィ・ロゼッラさんをお招きしたスペシャルKAFSです!
是非ご参加ください。
 
※English information is below.
KAFS は文学部文化人類学/慶田研究室とグローバル教育カレッジ/ジョシュア・リカード先生とのコラボ企画です。
KAFS セッション5
上映作品:"FireKeepers"  Ragazzi, Rosella(ラガッツィ・ロゼッラ)監督(2007年、ノルウェー、57分)
     "Kids Got a Song to Sing"川瀬慈 監督(2005年、エチオピア、37分~45分)
日時:11月17日(木) 17:30-20:00
場所:熊本市現代美術館(CAMK)アートロフト(5階)
 
[作品概要]
"FireKeepers"  Ragazzi, Rosella(ラガッツィ・ロゼッラ)監督
若い2人のサーミ人(北部サーミ語でSápmi)であるLawra Somby と Sara Marielle Gaupは、ヨイク(yoik)を歌い、伝統的な歌い方と革新的な歌い方の間での新しい形を模索している。ヨイクは叙情的で音楽的なものであり、生き物、モノ、人や経験を描くだけに留まらない。サーミの文化においては、彼らもこのようなモノの一部なのである。ヨイクを歌う力は、喚起の力であり、コミュニティーの中で隠れた何かを伝達する力でもある。ヨイクを生かすことは、火の中の灰を生かすことに似ている ー 何世紀も遊牧生活を続けて来たサーミの文化において、火は最も重要なものである。
 
"Kids Got a Song to Sing"川瀬慈 監督
弦楽器マシンコを弾き語るアズマリ(自称:Enzata)は、エチオピア北部の地域社会において古くから音楽をなりわいにしてきた職能集団である。『僕らの時代は』は、アズマリの少年少女が歩む人生の道程を、2001年から映像によって数年ごとに記録してゆくプロジェクトの第一作目である。本作では、思春期の少年二人、タガブとイタイアに焦点をあてた。
 
===========================
KAFS SESSION5
Film;
"FireKeepers" a film by Ragazzi, Rosella(2007,Norway, Sápmi. Sonar Film 57min.)
In collaboration with Britt Kramvig, Lawra Somby, Sara Marielle Gaup, Ingeborg Solvang & Rachel Andersen.Lawra Somby and Sara Marielle Gaup are two young Saami (Sápmi, Scandinavia) chanting “yoik” who explore new forms between traditional and innovative way of singing. Yoiks are lyrical-musical forms which do not only describe creatures, things, people or experiences: in the Sami culture THEY also ARE these things. In this way, the power of singing yoiks is also the power of evocation and the power of communicating something hidden to a community listening for them. To keep the yoik alive was like to keep the ashes of a fire alive: the fire is the most important element of sociality in Saami culture (bonfire: àrran), which was nomadic for many centuries.
 
"Kids Got a Song to Sing"a film by Itsushi Kawase(2005,Ethiopia,37~45min.)
Enzata (Azmari) is a group of hereditary singers in Ethiopia who play one stringed fiddle called masenqo in various rituals and entertainment occasions for the people in northern highland. The film recounts the story of Tegabu and Yitayal, two Enzata kids who are in a territorial dispute with adult musicians. The film is a part of the project of recording the life-courses of Enzata particularly focusing on a couple of children based on the constant filming year by year since 2001.
 
2016.11.17(Thu)17:30-20:00
Contemporary Art Museum Kumamoto,Art Loft 5th Floor
===========================
 
第5回 KAFSフライヤー(日本語ver., English ver.)
PDFはこちらからダウンロードできます。KAFS 5-Ja.pdfKAFS 5-En.pdf
KAFS 5-1ver3.jpg KAFS 5-1.jpg
 
これまでのKAFSの活動
★セッション第5回 お知らせ
★セッション第4回 お知らせ報告
★セッション第3回 お知らせ報告
★セッション第2回 お知らせ報告
★セッション第1回 お知らせ報告
 
Kumamoto Anthropology Film Society (KAFS)
運営委員:慶田勝彦、ジョシュア・リカード、香室結美、田口由夏

 

ニュース一覧に戻る