慶田研究室ニュース

【VAF】映画『動いている庭』上映会のお知らせ

Visual Anthropology Forum経由でのお知らせです。
 
ドキュメンタリー映画に出てくるフランスの庭師ジル・クレマン氏。彼は有名な美術館の庭を作ったことで知られるようになりましたが、それと同時に彼の思想にも注目が置かれるようになったそうです。彼の主な著作の中に、庭園論『動いている庭』(1991年)があるということでした。本と合わせて、是非みてみたい作品の一つです。(松永)
51INxWuWB+L._SX358_BO1,204,203,200_.jpg
 

2016年2月に「第8回恵比寿映像祭」にて初上映された、 フランスの庭師ジル・クレマンの活動を記録したドキュメンタリー映画の関西初上映です。 
下記、イベントの概要です。
詳細については、ウェブサイトをご覧ください。 http://garden-in-movement.com/
 
【イントロダクション】 
この惑星は、庭とみなすことができる― パリで行われた展覧会「惑星という庭」で30万人を魅了したフランスの庭師ジル・クレマン。彼は、パリのアンドレ・シトロエン公園の庭やケ・ブランリー美術館の庭をつくったことで知られ、同時に、その背景にある思想が注目を浴びてきた。 できるだけあわせて、なるべく逆らわない― これは、クレマンの庭師としての基本的な態度である。この言葉にそってつくられた本作は、日本各地を訪問するクレマンと、彼の自宅の庭をロングショットで記録した民族誌的な映像である。クレマンの行為を長回しで撮影する中で、撮影者がカメラになり、そしてそれを通して撮影者は被写体と呼吸リズムを同調させる、呼応するようにクレマンも何か新しい輝きを持った存在になるだろう。 
 
【概要】 タイトル『動いている庭』
日本・フランス|HD|85分|2016年|日本語・フランス語字幕 出演:ジル・クレマン、エマニュエル・マレス、山内 朋樹 ほか 監督・撮影・編集・製作:澤崎 賢一 
 
【日時】 
2016年9月16日(金) 18:00- 
2016年9月17日(土) 14:00- ※上映後、トークあり 
 
【場所】 アンスティチュ・フランセ関西-京都 稲畑ホール 
〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町8 075-761-2105 
 
【入場料】 一般:500円、クラブ・フランス会員:無料 当日券のみ、定員70名 
 
【主催】 ジル・クレマン ドキュメンタリー映画『動いている庭』上映会実行委員会/アンスティチュ・フランセ関西ー京都 
 
【共催】 総合地球環境学研究所 
 
【協力】 みすず書房 -- Kenichi Sawazaki / 澤崎 賢一  --
 
 

 

ニュース一覧に戻る