Psychology1.png

Psychology3.png

認知心理学とは,私達がどのように様々な事物や人物を知覚し,認識しているのかということを探求していく学問です。
日々生活していく中で欠かす事の出来ない,人間の様々な認知的活動(見る、聞く、理解する、覚える、考える、コミュニケーションをとるなど)について研究する,かなり幅広い領域を対象とした学問です。

認知心理学では,そのように人が『知る』という行動全般を扱い,その具体的研究分野は,知覚,発達,注意,記憶,言語,対人認知など多岐にわたっています。

※心理学には,他に臨床心理学という精神に不調をきたした人々の理解および援助を指向する学問もありますが,熊大認知心理学研究室では扱っていません

contents_border_ft.png

Psychology4.png

認知心理学分野では,実験・研究法・講義・演習等の授業を通じて,人間を客観的にとらえる心理学の考え方と方法を習得します。実験演習を受講し,実験計画や統計処理を学び、実際に自分達でとったデータをその都度レポートとしてまとめる営みの中で,常識として受容した心理学的知識は,再体制化を迫られるでしょう。このプロセスを通して,人の心の動きに関する新しい知見を生み出す力を身につけていきます。

履修案内

総合人間学科に入学後,2年次に人間科学コースに所属し,認知心理学関連の科目を中心に履修を進めて行きます。
3年次の分野振り分け時において,認知心理学分野の選択をすることで,当研究室に配属が決定され,より専門的な心理学関連の講義・演習・実験に参加することができるようになります。

履修例

1年次 : 「心理学概論Ⅰ」
2年次 : 「心理学概論Ⅱ」「心理学研究法Ⅰ・Ⅱ」
3年次 : 「心理学基礎実験・総合実験」「心理学特殊講義」「認知心理学演習」「課題研究Ⅰ・II」
4年次 : 「課題研究III」「卒業論文」

上記に加えて,文学部で開講されている社会学・文化人類学・哲学・倫理学・芸術学・地理学・歴史学・文学などの様々な分野の授業もあわせて履修することができます。また,教育学部で開講されている心理学関連の授業も,あわせて受講できます。
Psychology6.png

卒業論文のテーマ

卒業論文のテーマは,上記の心理学の講義を学ぶ中で自分が興味を持った内容の研究を,卒業論文の研究テーマとして各自自由に選択できます。具体的なテーマとしては:

高齢者における視触覚相互作用と空間知覚/注意教示が視聴覚音声知覚に及ぼす影響の言語間比較/ギザギザひし形錯視に関する研究-刺激の回転の効果-/高齢者における作動記憶中の脳活動と認知症傾向の関係/視聴覚音声知覚に及ぼす注目部位の影響/心拍数が時間評価に及ぼす影響/リストを構成するカテゴリー数の増減が指示忘却効果に及ぼす影響/きめのレーシネスにおけるきめの配置の効果/乳児は顔のどこを見ているか-視線計測による検討-/人工内耳装用者における音声知覚中の視覚情報の影響-反応時間・ERP・視線計測による検討-

などが過去の卒業生の研究テーマとして挙げられます。
Psychology5.png

進学

本学の大学院社会文化科学研究科に,博士前期課程(旧・修士課程)と,博士後期課程(旧・博士課程)が設置されており,心理学の研究をさらに深め,研究者を目指すことができます。

就職

学部卒業後の進路として,人文系で就職可能な通常の進路(一般企業)に加えて、国家及び地方公務員の心理職など,また企業等の心理学関連の専門職への道も開かれているのが当分野の特徴です。心理職を採用する自治体のなかには,大学で心理学を専攻した者に限定しているところもあります。また,在学中に実験データの分析などによって自然と身につくコンピュータリテラシーは,民間・公務員を問わず,どんな職に就いても大いに役に立つことでしょう。

contents_border_ft.png

Psychology7.png

吉良和真さん (3年生)

僕が認知心理学を選んだのは、最も人間の思想・行動のメカニズムについて知ることができる学問のように思えたからです。そして実際に熊大に来て学んだ認知心理学は(統計・分析などの理系的な部分はありますが)人間というものを解き明かそうとするものでした。

大藪紗月さん(3年生)

私は前々から、人間の行動やそれに伴う心の動きを通して人間をより理解することに興味がありました。大学へ入ったら心理学を学びたい、というよりむしろ心理学を学びに大学へ行きたいという思いがありました。
 いざ大学へ入って「認知心理学」というものを知っていくと、科学的根拠に基づいた実験結果を扱ったり、想像以上に理系要素が多いなと驚きました。理系科目が大の苦手な私は正直不安に思う所が大きかったです。
 しかし、今のところ何の問題もありません!先生や先輩方がとても親身に教えてくださり、同級生と毎回得られる新しい知識にワクワクしています。実験を通して目に見えない心や脳の動きを追求していくことはとても刺激的で面白いです。

床次昭信さん(4年生)

認知心理学とは人の認知能力を情報処理の観点から明らかにしていく学問です。文学部でありながら、実験を通した理系的なアプローチで探求していくことが大きな特徴です。私はこの学問を通して、より広い視野を持ちながら人間を理解することができるのではと考え、専攻しました。熊大は同級生や先輩との結びつきも強く、仲間と協力して研究を進めることができる点が魅力だと感じます。また、脳波計測装置や視線計測装置、バーチャルリアリティ装置など、多くの研究設備があり、学生が自身の関心を持っているテーマを追及するための環境が整っているところが大きな強みだと思います。

村上一実さん(4年生)

認知心理学は、知覚や記憶などを対象とし、その情報処理過程を明らかにしていく学問です。文系学部に分類されていますが、実験的手続きを通してデータ収集や分析を行うことにより「心」という一見抽象的な存在に、理系的な観点から知見を広めていくことができます。私は、「心」という目に見えないものに実験や分析を通して具体的なアプローチができる点に大変興味を感じ、認知心理学を専攻しました。熊本大学の認知心理学は、2年生のときから上級生のフォローのもと英語の研究論文を読んで心理学における知識を広げることができ、学年が上がるにつれて様々な方に指導していただきながら、より実践的な授業を受けられるカリキュラムになっています。文系にいながら、実験や分析を通して研究を進めていけるのがこの学問の特徴であり、おもしろい点だと思っています。より多くの方に興味を持っていただけたら嬉しいです。

川越敏和さん(博士後期課程3年生)

私は大学院の博士後期課程に在籍しています。
認知心理学とは、見る・聞く・覚えるなどの人間の認知活動について、情報処理の観点から調査・検討を行う学問です。心理学と聞くと、カウンセリングを行う臨床心理士などのイメージが強いかと思います。もっといくと、少し前に流行ったDaiGo氏が行うような、人の心を読み、それをコントロールするというようなことを学ぶと思ってる方もいるかもしれません。私も最初はそんなテンションで認知心理学を選びました。人を操れたら最強じゃね?と思って。そして、違いました。具体的にどう違うかは学んでみればすぐ分かると思います。ただ、私自身は認知心理学・実験心理学に惹かれました。博士課程卒業後もこの学問に携われたらと思っています。
 目に見えない心的な世界に対して科学的にアプローチするということは、途方もない挑戦のように思えますが、先人たちは多くの事象を理論的・実験的に解明してきました。ヒトを科学することの面白さや奥深さは、研究を行って初めて気づくものです。熊本大の心理学研究室には、それを享受できる環境があると思います。

contents_border_ft.png