文学科

言語学

gengogaku_01.jpg言語学では、世界で現在話されている言語や過去において話された言語を学び、研究します。古代メソポタミア、エジプトやインドやギリシャなどの偉大な文明を支えた言語から現在数百人位の話し手しかいない言語に至るまであらゆる言語や方言(言語の数は、5000とも8000とも言われています。)が学習・研究の対象になります。教師は、学生のアドヴァイザーです。何を如何に学び、研究するかは、学生諸君自身の主体的な判断で決めることです。全く未知の言語でもいま勉強している英語でも諸君の気力と関心のいかんによって主体的に選んで勉強できます。

英語や国語を学んだのとは随分違った全く未知の研究分野や研究方法があることに、きっと諸君は驚くことでしょう。音韻論・文法論・意味論をはじめ、言語と社会との係わりを研究対象とする社会言語学、言語と言語を比較する比較言語学・対照言語学、言語と個人の研究である心理言語学など魅力的な研究分野が多数あります。
専任教員とは別に、各分野で活躍中の他大学の先生による集中講義も開講されます。先ずは、研究方法や概論や音声学を学び、それからは各自の道・研究分野に進んで行きます。卒業後の進路は、中・高教員、公務員、一般事務職、コンピュータ関係の仕事や大学院進学などがあります。

授業内容と授業科目例

学年 授業内容 授業科目例
2年次 人間の言語に使用される音声が、どのように発音し分けられているかを、生理学的・物理的側面から理解し、さまざまな言語で使用されるさまざまな音声を再現できる能力を身に付けます。
このような音声を用いたコミュニケーション体系として言語を理解します。
音声科学
言語の資料と分析
言語学概論Ⅰ・Ⅱ
3年次 具体的な言語現象について、複数の言語へのその現われ方を観察し、共通点と違いを分析することによって、一つの言語だけを見ていたのでは理解できないその言語現象の本質を理解し、効果的な言語習得の方法を考えます。 言語学演習
言語学特殊講義
課題研究Ⅰ
4年次 言語学には、具体的な言語現象の観察と分析を通して、言語現象を一般的に説明することを目指す、高度に理論的な側面があります。提唱されてきたさまざまな理論が、何を背景にどのような言語現象を説明しようとしたものか、を通史的に理解します。

課題研究Ⅱ
課題研究Ⅲ

卒業論文のテーマ例

八代方言の音調に関する考察/非指示的用法の名詞を用いた連体修飾表現について/現代フランス語の時間副詞節と動詞時制について

メッセージ

児玉 望先生(インドの諸言語)

言語学では、「人間が情報伝達のために用いる、音声の区別を利用した記号体系」というように言語を一般的に捉え、その観点からさまざまな言語現象を分析していきます。対象が、文字情報として氾濫する大言語であれ文字を持たない少数言語であれ、人間の言語である以上は共通するやり方で分析できるはずです。コンピュータで話し言葉を文字化することも多くなりましたが、文字では書き分けられないけれども音声では表現されている単語や句のまとまりがどんな仕組みを持っているか、談話の中で話し手の主観がどのように語彙化あるいは文法化されているか、といった新しい研究分野にも意欲的に取り組んでいます。人間がコトバを使うあらゆる現場に関心を持ち、観察して自分でもやってみよう、という人を待っています。

植松 由貴(3年)

『言語が世界を規定する』と言いますが、言語・方言の差により世界は幾千幾万の方法によって分割されています。言語学はそれを探っていくロマン溢れる学問です。日本にごく近いアイヌ語や中国語をとっても、日本語圏の発想との違いに驚かされるばかりです。新たな世界の見方を、言語を通じて発見してみませんか?

  • 大学院社会文化科学研究科
  • 熊本大学文学部附属永青文庫研究センター

国立大学法人熊本大学 文学部

〒860-8555
熊本市中央区黒髪2丁目40番1号
TEL:096-342-2317
FAX:096-342-2310