文学科

比較文学

hikakubungaku_01.jpg「比較文学」ということばは、みなさんには馴染みがうすいかもしれません。このような専門課程を持つ大学は日本では少なく、わが比較文学も創設されてようやく二十年余りを経過したにすぎません。これまでの卒業生のなかには、古今集や夏目漱石、ヘミングウェイやジョイスなど、国文学・英文学の研究対象を「比較文学的」に論じた人もいれば、アンデルセン(デンマーク語作家)、ボルヘス(スペイン語作家)を原典から読んで論じた人、「ヒッピー文化」やマンガをテーマに選んだ人もいます。わが研究室の特徴は、バラエティーの豊かさにあります。

「比較」とは、開かれた視野のなかで、物事をできるだけ相対的に把握しようとする学問的な姿勢と方法を言うのです。あえて地域や言語は限定せず、各自が多くの文化に接し、相互に知識や発想を交換しあう姿こそ、われわれが理想とする「比較文学」のあり方です。専任教員は4名で、中国・韓国古典から日中ヨーロッパの近現代文学に至る広い研究領域をカバーできます。


授業内容と授業科目例

学年 授業内容 授業科目例
2年次 比較文学の一般的研究方法について学ぶ。日本語や外国語の文章を的確かつ問題意識をもって読む能力を養う。 比較文学概論Ⅰ・Ⅱ
比較文学基礎演習
3年次 世界の多様な文学に触れることを通じて、文学的な視野を拡大する。自ら課題を発見し、調べ、発表する能力を養う。 比較文学特殊講義
比較文学演習
課題研究Ⅰ
4年次 3年次までに培った能力をさらに伸ばし、卒業論文の執筆に取り組む。 比較文学特殊講義
比較文学演習
課題研究Ⅱ

卒業論文のテーマ例

異文化への視線-ピエール・ロチ『お菊さん』-/ファンタジーにおける時間の概念-『モモ』に描かれた「時間」-/『星の王子さま』における聖書のモチーフ/幸田文作品における「昔」

メッセージ

朴 美子(韓中比較文学、日中韓比較文化)

比較文学研究室では、言語圏や国境を超えたグローバルな視点に立つことを基本姿勢とし、2カ国以上の文学間における影響関係の研究や、美術や音楽など他の芸術と文学とのクロスジャンル研究、他の学問領域の視点を導入した学際的な文学研究と教育を行っています。今の国際社会のグローバル化に対応するためには、異文化理解や多角的視野の育成がますます重要になっています。比較文学研究室では、比較文学・文化研究という入り口を通して視野を広げることによって国際社会に適応できる人材の育成に努めています。比較文学・文化研究に興味をもつ皆さんは、多種多様な芸術や学問に接するように心がけるとよいでしょう。

浦野 智弓(3年)

比較文学では研究対象となる国や地域、また文学や音楽・美術・映画などの芸術分野に縛りがないため、個人の広い視野と自由な発想のもと、自分のやりたいテーマをとことん追究することができます。いかなる分野、時代の作品であっても「比較すること」によってこれまで抱いてきたイメージを大きく覆されることがあり、そういった発見は文学の新たな面白みを感じさせ、常に新しい視点となって私たちの思考の幅を広げてくれます。また、様々な専門分野を持つ先生方からの教えや、意欲的な友人たちとの交流を通して、さらに積極的な研究を行うことができるようになります。比較文学から得られる知識や視野は、これからの人生において大いに役立つものになると確信しています。

  • 大学院社会文化科学研究科
  • 熊本大学文学部附属永青文庫研究センター

国立大学法人熊本大学 文学部

〒860-8555
熊本市中央区黒髪2丁目40番1号
TEL:096-342-2317
FAX:096-342-2310