総合人間学科

民俗学

photo3.jpg 民俗学は、ふだん私たちが何気なく行なっている慣習やしきたり、言い伝えなどの由来や歴史的な変遷の過程を明らかにし、その現代における意味について考える学問です。聞き取り調査や祭礼行事の参与観察などのフィールドワークと、文献研究とを共に重視し、国内各地はもちろん、日本に近接するアジア諸地域の民俗文化も比較研究の対象として、日本社会・地域社会の抱えるさまざまな課題の解決、地域振興における民俗文化の役割などについて追究します。

授業内容と授業科目例

学年 授業内容 授業科目例
1年次 民俗学に関する基本的な知識を身につける。
民俗調査の範囲について学び、民俗調査法の初歩の知識を身につける。
民俗学概論Ⅰ
2年次 民俗学に関する幅広い知識を身につけ、民俗調査の方法論について学ぶ。
演習形式の授業により、専門分野に関する体系的な知識を身につける。
民俗学概論Ⅱ
基層文化論演習
地域文化論演習
社会調査法概説
3年次 調査実習によって民俗調査の基本的な技術を体得する。
2年次で学んだ知識と課題を深化させるための演習、特殊講義により問題関心を広め、各人が自身の研究課題を設定し、4年次の卒業論文へ結びつけるようにする。
社会調査法実習Ⅰ・Ⅱ
地域科学演習ⅠB
地域科学特殊講義A
4年次 各人が具体的な研究テーマに沿って卒業論文を作成していく。
学生と教員との討議および演習形式での中間発表を通じて各人の論文作成作業を補助する。
地域科学演習ⅡB
地域科学応用演習

卒業論文のテーマ例

水神祭りの変遷/現代の俗信について/怪物館-変遷期の異空間-/天草の女性と島外出稼ぎ/日本人と鳩/妓楼の日常生活/伝説の変容に関する一考察-西原村「寄姫の滝」を事例として-/モノからみる都市祭礼の変化-萩の住吉祭り「お船山車」を例に-/団地観の変遷と団地生活の実態メッセージ

山下 裕作先生(実践民俗学、経済伝承研究、文化行政論)

minzoku_01.jpg 民俗学は生きた人間を対象とする学問であり、対象と協働し自分自身が成長することを一つの目的としています。そのため学生自身の問題意識を最も重視し、各人の関心にそって調査・研究できるようにこころがけています。同時に、食品加工、環境・生態調査、農業経営調査、ワークショップ等、民俗学に近しい様々な方法論を経験することによって、学生個々人の具体的な技術の向上に力を入れています。それにより「新しい民俗学」を担う研究者の育成、行政・博物館・コンサルタント・異文化交流等々の多様な業種で、多才な才能を発掘できる人士の育成に努めています。

児玉 美咲(2014年3月卒)

minzoku_02.jpg 「民俗学」といえば、何をする学問だと思うでしょうか。妖怪やお祭り、年中行事などの印象が強いかもしれませんが、それらに限らず生活の中で疑問に思うことや興味のあることを何でも調べることができます。民俗学は人の暮らしの変遷について研究する学問であり、つまり私たちの日常生活の全般を対象とするからです。たとえば学校や居酒屋といった生活に身近なところからテーマを見つけることもできますし、旅行や漫画など趣味を扱うこともできます。フィールドワークという手法と文献研究を共に活用することで、あらゆる事象を知る学問なのです。

  • 大学院社会文化科学研究科
  • 熊本大学文学部附属永青文庫研究センター

国立大学法人熊本大学 文学部

〒860-8555
熊本市中央区黒髪2丁目40番1号
TEL:096-342-2317
FAX:096-342-2310