2015(平成27)年度 卒業論文題目

総合人間学科

【人間科学コース】

No. 論文題目
1 他者との共同行為が注意過程に及ぼす影響に関する実験的研究
2 注視部位の発達的変化:表出語彙数の発達変化がもたらす影響
3 カラーユニバーサルデザインの実践
4 Webサイトにおけるデザインの最適化
5 広告とその時代
6 軽度認知症者における顔記憶―視線計測を用いて―
7 視聴覚間の異種感覚対応学習の生起過程に関する研究
8 高齢者の画像記憶における空書行動の効果
9 細田守論
10 自己運動時の視覚情報処理に関する実験的研究
11 2次元美少女の系譜学
12 鈴木いづみの時代
13 演歌にみる日本人の心性
14 身体部位依存的空間表現の加齢変化
15 アウトサイダー・アートと音楽
16 ヒトにおける自己と他者の身体近傍空間の共有表現に関する研究
17 恋について

【社会人間学コース】

No. 論文題目
1 音楽はどのような形態で商品化されるべきか
2 ドイツ生まれのトルコ系移民
3 上橋菜穂子が紡ぐ「他者と共に生きる物語」
4 家制度と恋愛結婚
5 社会は18歳をどう扱うのか
6 宮崎県における自殺率の社会的要因に関する研究
7 女性が陥りやすい依存症の考察
8 都市における犬の社会学的考察
9 病的な自己愛と少年犯罪・非行
10 出生前診断という選択
11 選好功利主義において非共時的選好は配慮の対象となるか ―ヘアとパーフィットの議論から―
12 写真は<現実>を切り取ることができるか
13 ウィリアム・ジェイムズと「二度生まれ」
14 良妻賢母とピアノ―歴史社会学的考察―
15 対馬における観光の可能性とリスク
16 「奇妙なもの」との向き合い方
17 自己啓発と日本人
18 わが国の死刑執行の在り方について
19 わが国における『セクシュアル・マイノリティ』の社会的受容について
20 遺族ケアはいかに行われるべきか
21 無人兵器の倫理性
22 現代日本における「ブラック」な労働―制度と意識の面から―

【地域科学コース】

No. 論文題目
1 障害者就労支援施設の存立基盤に関する地理学的研究―熊本県熊本市を事例として―
2 まちづくりからみる河川利用の論理 ーふれあい農園の事例分析ー
3 柑橘類生産の技術と民俗ー大分市志手地区を事例としてー
4 巨大観音像に対する地域住民の認識に関する研究―成田山久留米分院慈母大観音像を事例として―
5 熊本市のコミュニティサイクル「くまもとわくわくレンタサイクル」の研究―熊本大学に通う学生へのアンケート調査を通して―
6 幻想の観光都市京都-演出された美とその実態-
7 猫文化を辿る-描かれた猫を題材として-
8 不可能を可能にする2.5次元 ―ミュージカルテニスの王子様を事例として―
9 結婚式とその周辺-婚姻の民俗変化についての考察-
10 消費される「わらべうた」 ―わらべうた「あんたがたどこさ」を事例として―
11 大学生活における器の意味について
12 「YOSAKOI」は地域を活性化するか―踊りの担い手から見た地域活性化―
13 地方中心都市における地域社会と留学生ー生活構造論の立場からー
14 孤食はなぜ「問題」とされるのか
15 名付けに関する民俗学的研究
16 マンガにみる男女の境界の変化~女性が描く高校野球マンガの魅力~
17 中山間地域における移住者の適応戦略と受け入れの課題 ―熊本県小国町の事例―
18 都市における街の書店の役割
19 お金儲けでない町並み保全の論理
20 「寺院消滅」は本当か-地域社会における寺の役割-
21 地域内におけるおくんちの意味 ー松浦市の星鹿くんちを事例としてー
22 伝承を通して見るコミュニケーション様態の変遷について
23 南阿蘇村下田地区における地域行事の伝承
24 トイレに関する民俗的研究

歴史学科

【歴史資料学コース】

No. 論文題目
1 中世百姓の逃散からみる女性の役割
2 中世の紛争関係史料にみる供御人身分
3 長崎奉行にみる漂流民対処の実態
4 中世後期荘園村落における紛争解決と検断
5 北部九州におけるキリスト教の展開
6 大正・昭和期の物価変動と公設市場
7 中世在地社会における武力と悪党
8 山城国一揆と地域社会
9 中九州における古墳時代人の形質研究
10 土器圧痕から見た中九州縄文後晩期の植物利用
11 漂流民送還体制と禁教に関する一考察
12 近世作付制限令と食糧増産・確保体制の変遷
13 ペルー ナスカ地域における土器研究
14 中九州出土土偶の研究
15 江戸時代乱心者の社会的位置付け
16 目安箱制度の形成に関する一考察
17 玉類からみる良積遺跡
18 幕末期における農兵の実態と歴史的意義

文学科

【世界システム史学コース】

No. 論文題目
1 近代日本の家庭像研究
2 ギリシア商人と近世地中海世界 ークレタ島を中心にー
3 18世紀イングランドにおいて風景式庭園は何であったのか
4 強いられた精鋭たち―18世紀大西洋世界におけるイギリス海軍の強制徴募―
5 日本のフェミニズムと男女共同参画社会
6 ハンナ・アーレント研究
7 若年自殺と近代
8 近代世界を織りなした布 インド更紗と18世紀ヨーロッパ社会
9 「死の舞踏」と中世後期ヨーロッパの民衆
10 17・18世紀における海賊と植民地―インド洋と大西洋をつなぐ非公式の交易ネットワーク―
11 クロムウェル像の構築とその受容
12 近世ヴェネチアにおける児童虐待
13 反日と嫌韓―日韓関係の今後
14 18世紀における北米毛皮交易社会の形成と先住民女性
15 謝花昇研究
16 ガッサーン・カナファーニーが見たパレスチナ

【東アジア言語文学コース】

No. 論文題目
1 太宰治の私小説的作品について
2 宮沢賢治研究
3 岡本綺堂の怪談
4 宮澤賢治文学における光と色彩
5 『源氏物語』の研究
6 太宰治研究
7 梨木香歩研究
8 家族間の呼び方について
9 和泉式部と仏教
10 西行和歌の研究
11 『今昔物語集』の研究
12 新美南吉童話論
13 現代の子どもの名付けについて
14 尾崎翠研究
15 藤原俊成和歌の研究
16 現代日本語の色彩名称について

【欧米言語文学コース】

No. 論文題目
1 Non-Verbal Behaviours in Jane Austen's Pride and Prejudice
2 Emily Brontё's View of Nature and Death in Her Poems
3 The Use of Adjectives in Dickens's A Christmas Carol
4 The March Sisters on Their Journey to Adulthood: Louisa May Alcott's Little Women
5 Fitzgerald's Distance between Nick and Gatsby: Characteristics of the Narrative in The Great Gatsby
6 The Structure of the Predicates in Daniel Defoe's Robinson Crusoe
7 エーリヒ・ケストナーの児童文学について
8 ナチス・ドイツのプロパガンダ
9 ハウプトマンの『沈鐘』について
10 Kiezdeutschについて
11 ドイツ表現主義
12 George Eliot's Feminist View of Women in The Mill on the Floss
13 The "Sacred" Romance of Hester and Dimmesdale in The Scarlet Letter
14 A Defence of Mrs. Bennet: Pride and Prejudice Reconsidered

【超域言語文学コース】

No. 論文題目
1 中島敦とカフカ
2 多和田葉子の作品における身体の部位を使った表現をめぐる研究
3 アーサー・ウェイリー訳『源氏物語』研究
4 天岩戸物語とデメテル讃歌の比較研究
5 村上春樹の翻訳姿勢 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を例に
6 日本語母語話者のフィラー選択の場面差について
7 広告・コピーにおけるダイクシス表現の研究
8 東京落語における役割語について
9 夏目漱石とターナー
10 岸田國士「牛山ホテル」の天草方言をいかに演じるか
11 日本における『アリス』の受容と展開
12 『ドグラ・マグラ』と禅の思想
13 川本喜八郎における人形アニメーション作品の考察

コミュニケーション情報学科

No. 論文題目
1 熊本市のMICE政策は妥当か~福岡市の成功事例を参考に~
2 女性が結婚に感じる焦燥感と婚活との関連について
3 Twitterでの炎上におけるコミュニケーション様式の日米比較
4 水俣の食品加工業の本業を通じたCSR経営―ISO26000とCSVの比較による考察―
5 大学生ソフトテニス指導者へ向けた指導プログラム開発の提案
6 家刀自の隷属性
7 技能伝承に必要となる条件――有田焼陶芸家と大工を対象に――
8 新聞の読者投稿欄にみる「絆」失望スパイラル
9 女子大学生の痩身願望と自己物語
10 錯乱した情報空間
11 運動部マネージャーの向社会的行動における「理想自己と義務自己」のセンスメーキング
12 コンテンツツーリズムによる地域の活性化 「たまゆら」‐広島県竹原市及び「Free!」‐鳥取県岩美町を対象として
13 日本の性的マイノリティを取り巻く課題及び教育による改善策の提案
14 フードバンクが担う未来
15 現代の若者の「結婚式観」~大学生の、結婚に関わる諸事の考え方に着目して~
16 女性従業員の特性と企業利益の相関 女性の特性が活きる顧客接点人材に着目して
17 大学生のSNS上での感情の発現と親密性の相関について
18 越境学習による人材育成―企業はなぜ社会貢献活動に力をいれるのか―
19 死に逝く人の権利と尊厳
20 幸福の在り処
21 歪曲不能な社会とその病理
22 公共組織におけるイノベーション生成のプロセス―組織の観点から九州の事例を対象に―
23 若手社会起業家に見る起業環境とプロセス
24 夢想化する日本の英語教育 ―英語コンプレックスから考える―
25 ポスト・フェストムにおける芸術体験について
26 大学部活動における過剰適応生成メカニズム
27 The Population Theories' Revisited
28 東野圭吾 対 東野圭吾
29 大学生の国際交流ボランティア活動における意欲減退メカニズム
30 釣り人の消費心理から日本産釣具販売の戦略へ -中国の海釣り市場を中心とする分析-
31 Crossing Borders: Investigating Cultural Adjustments of Chinese Students Who Study Abroad in Japan.

 

  • 大学院社会文化科学研究科
  • 熊本大学文学部附属永青文庫研究センター

国立大学法人熊本大学 文学部

〒860-8555
熊本市中央区黒髪2丁目40番1号
TEL:096-342-2317
FAX:096-342-2310