コミュニケーション情報学科

コミュニケーションとは?

Photo1.jpg

「コミュニケーション」のシーンをあなたは幾つぐらい思い浮かべることができるでしょうか? 人が話し合っている様子、ペットに呼びかけている飼い主、それともテレビや新聞といったマスコミ。すぐに思いつくのはこんなところでしょう。実は、コミュニケーションとはもっと幅広くて奥深いものです。
例えば音楽のコンサートをイメージしてみてください。アーティストはステージの上から観客に語りかけることもあるでしょうし、歌いながら呼びかけることもあるでしょう。演奏自体がコミュニケーションなのです。そのコミュニケーションを作りあげるために、ドラマーがスティックでカウントをとったり、メンバー同士がアイコンタクトをおこなったりして、意思疎通をしています。また、観客は声援や拍手でアーティストにメッセージを送っています。音楽が演奏されている会場全体がコミュニケーションの場になっているのです。
言葉はもちろんのこと、表情や仕草を使って、私たちは感情や意思、知識などの情報を伝えたり受け取ったりします。鳴き声でコミュニケーションする動物はたくさんいます。また、「舐める」という行為もコミュニケーションの一種です。それどころか、異性を惹きつけたり、餌のありかや敵の存在を知らせたりするために、昆虫などがフェロモンなどの分泌物質を出すのもコミュニケーションと言えるでしょう。
このように考えると、コミュニケーションとは、私たちの生きる世界を成り立たせているものと言うことができます。コミュニケーションが存在しなければ世界には自然しかないかもしれない。いや、波の音に耳を傾けてください。自然さえもコミュニケーションしているように思えませんか?

情報とは?

かつてないほど情報の恩恵を受けながら、私たちは現代を生きています。インターネットを使うことで、世界の裏側の情報であろうと瞬時に検索することが可能になりました。また、自分の周りの地域では手に入らないさまざまな商品を購入し宅配便で届けてもらえます。一度も実際に会ったこともない人とメールやチャットで話をしたり、世界に向けて情報発信したりすることもできるのです。
一方で、かつてないほどの情報にさらされながら、私たちは現代を生き抜いていると言ってもよいでしょう。仕事か遊びかには関わらず、現代の都市生活者は膨大な情報を処理しなければならなくなっています。例えば、テレビ・コマーシャルから新聞広告、チラシ、看板に至まで、広告情報を全く眼にしない日などほとんどないはずです。私たちの脳はそれほど多くの情報を処理しきれないと言われています。半ば強引に取捨選択をおこないますが、その選択が正しいかどうかは甚だ怪しく、それが私たち現代人の大きなストレスにつながっていることも事実なのです。

コミュニケ―ション情報学科とは?

平成17年4月に設置されたコミュニケーション情報学科は、コミュニケーションや情報、メディアといった分野を対象としています。新しい分野であるため自由度の高いテーマ設定が可能で、言語や文化などに関連したコミュニケーションの問題、マスコミから映像や音楽といったメディア、インターネットを中心としたIT技術などについて、従来型の国立大学文学部の枠にとらわれず、自ら研究テーマを設定し、多様な知識や方法論を「編集」するといったスタイルで取り組んでいます。
この学科が目指すのは、コミュニケーションを自在に使いこなし、社会において先進的な役割を担える人材の育成です。自らが明確な目標をもったうえで社会の中に自分の居場所を発見し、何かしら社会には対して情報発信や行動をおこなえるプロフェッショナルです。そのためには、実社会で通じる「発見力」「思考力」「伝達力」を身につけることが不可欠であり、そのベースとなる言語運用能力や情報・メディア運用能力を高めることに特に力を注いでいます。

授業風景

Photo2.jpg Photo3.jpg
Photo4.jpg Photo5.jpg

 

  • 大学院社会文化科学研究科
  • 熊本大学文学部附属永青文庫研究センター

国立大学法人熊本大学 文学部

〒860-8555
熊本市中央区黒髪2丁目40番1号
TEL:096-342-2317
FAX:096-342-2310